前へ
次へ
  • 高い抗菌作用を持つMGOマヌカハニー!マヌカの花は香り高く花蜜が豊富。
  • マヌカハニーMGO 550+500g マヌカの花は香り高く花蜜が豊富。
  • マヌカハニーMGO 400+250g マヌカの花は香り高く花蜜が豊富。
  • マヌカヘルス社 プロポリス液25%  BIO30 天然抗生物質!身体の免疫力を助長するので、毎日摂取して頂くことができます。

 

 

新商品の紹介 

 

NATURAL HONEY LTD

最強のMGO1000+500g

ニュージーランドで収穫されるマヌカハニーのうち、MGO1000+のプレミアムグレードを誇るのは、わずか0.02%未満です。非常に貴重なため、数量限定で生産されています。箱には通し番号があり、しっかりと管理されています。

ナチュラルハニー(株)について!

オークランドの北部にあるナチラルハニー株式会社は、ニュージーランドの食品安全機関(NZFSA)のガイドラインに則り、CoPやHACCPの管理プログラムのもとに徹底した衛生管理のなかでマヌカハニーの取り扱いをおこなっています。ニュージーランド政府から製造・輸出を行う業者として正式に認定を受けており、欧州連合(EU)向けの輸出業者としても承認されています。

(ニュージーランドより直接お客様にお送りいたします。)

※限定品 数に限りが有ります!

今回の紹介商品(クリック)

MGO1000+500g              MGO900+500g                MGO800+500g

 

【おすすめNo,1 マヌカハニーMGO550+500g】

マヌカの木の生息地や環境などでMGOの量は大きく変わります。

量産品ではなく天然のものですので、MGO含有量が高いものはなかなか手に入りにくい

貴重品!特に近年のマヌカハニー人気のため、世界中で争奪戦になっています。

腸内環境を整えることで免疫力を高めたい方、抗酸化作用による美容効果を期待される方

などから多くの支持をいただいています。

最高レベル550+の濃厚な味わいと、高い抗菌活性によるパワーをぜひ実感してください。

【おすすめNo,2 マヌカハニーMGO400+250g】

昔から民間療法として親しまれていた蜂蜜。

医学や科学の進歩によって研究が進み、近代医療として活用されるようになってきました。

マヌカハニーが注目されるきっかけになった「ピロリ菌の殺菌」をはじめ、鼻や喉の疾患

、整腸作用など様々な効能が研究され、効果が報告されています。

ただし、MGOが最低でも100+以上でなければ健康効果は期待できないと言われています。

健康維持ではなく「改善」を目指す方には400+以上がおすすめです。

【おすすめ№3 プロポリス液25% BIO30】

「自然界の抗生物質」と呼ばれるプロポリス。

蜜蜂が花や木から樹脂を集め、体内の酵素と混ぜて作り出す液体です。

巣を清潔に保つために作られるもので強い殺菌効果がありますが、1つの巣から採れる量が少ないため、非常に貴重です。

アミノ酸、ビタミン、ミネラル等の成分も含むため、健康効果が期待できます!

MESSAGE

100%天然のニュージーランド産の純マヌカハニー!

マヌカハニーが‘奇跡のはちみつ’と言われる理由は「MGO」にあります。

ニュージーランドの先住民マオリ族の人々は、大昔からマヌカの木にすごい力があることを知っていて、薬として使っていました。

そのマヌカからはちみつを作るようになったのは1800年代、ヨーロッパの人々がニュージーランドにミツバチを持ち込んでからのこと。

でも独特の色や味のためにあまり人気がなく、安物のはちみつとして売られていたそうです。

牛の餌として利用していたところ、マヌカハニーを食べている牛が全く病気にならないことを不思議に思った酪農家の間で噂になり、研究が始まったのだそうです。

そして2006年、ドイツのトレスデン工科大学、トーマス・ヘンレ教授により、その成分がマヌカハニー独自の優れた抗菌作用を持つ『メチルグリオキサール(MGO)』であると発見されました。

以来、世界中でその効能が話題になり大人気となったマヌカハニー。中には偽物や粗悪品も出回ったため、ニュージーランドは国家で基準を作り厳しく管理することで信頼と安心を守っています。

この厳しい検査をパスして出荷される貴重なマヌカハニーを、できるだけ安く・できるだけ新鮮な状態でお届けしたい!

その思いで、ご注文をいただいてからニュージーランドのスタッフが直接現地より発送するシステムをとらせていただいています。

 ぜひ、健康で快適な毎日の生活にお役立てください!

焼きたてのトーストにマヌカハニーを!

New Zealand Blog ニュージーランド日記More

ページ上部へ