ホーム>ニュージーランド日記> 「マヌカの木について!」 【MGOマヌカハニー通販専門】 NZグローバル
ニュージーランド日記

「マヌカの木について!」 【MGOマヌカハニー通販専門】 NZグローバル

こんにちは。

先週、イースターの休暇に、
オークランドの北、ファーノースへ行ってきました。

201742815448.jpg

201742815511.jpg

さて、今回は「マヌカの木」についてのおはなしです。

ニュージーランドの先住民マオリ族の人々は、大昔からマヌカの木にすごい力があることを知っていて、薬として使っていたそうです。
その時はまだはちみつではなく、葉や樹皮などを煮たり発酵させたりして用途に応じた薬を作っていたそう。
その効用は、胃の不調や鼻風邪、赤痢や皮膚病、うがい薬から目の洗浄と多岐にわたっていたようです。

マオリ語で「復活」や「癒し」を意味する「マヌカ」という名前がつけられたのも納得ですね。

そのマヌカからはちみつを作るようになったのは1800年代、ヨーロッパの人々がニュージーランドにミツバチを持ち込んでからのこと。
でも独特の色や味のためにあまり人気がなく、安物のはちみつとして売られていたそうです。
牛の餌として利用していたところ、マヌカハニーを食べている牛が全く病気にならないことを不思議に思った酪農家の間で噂になり、研究が始まったのだそうです。

日本と同じ島国であるニュージーランド。
独自の生態系が作り上げた自然の恵みをぜひお楽しみください。

マヌカハニーで快適な一日を!
 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.nzglobal.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/40

ページ上部へ