ホーム>ニュージーランド日記>2018年6月

2018年6月

「梅雨時のマヌカハニー」【MGOマヌカハニー通販専門】NZグローバル

こんにちは。

南極からの冷たい風が吹き始めたNZ。
南島ではスキー場もオープンして、世界中からスキーヤーが集まっています。
オークランド以北は、真冬でもほとんど雪が降りません。
今はちょうど晩秋の気候で、大きなイチョウが色づいてとてもきれいです。

2018630113436.jpg 201863011355.jpg 2018630113536.jpg

 

さて、今回は「梅雨時のマヌカハニー」についてのおはなしです。
雨が降って日光に当たらない日が続くと、ボーっとしたり暗い気持ちになったりすることがありませんか?

鍵をにぎるのは「セロトニン」という物質。
不足すると、精神的に不安定になったり、疲れやすくなったりするといわれています。

太陽の光を浴びることでセロトニンが増えるのですが、日照時間の短い梅雨や冬の時期には分泌が少なくなりがちです。
また、外出しないため、運動不足から睡眠の質が落ちることが原因の一つになることもあります。

セロトニンを構成する必須アミノ酸「トリプトファン」は食物から摂ることができます。
乳製品・豆類・バナナやマヌカハニーにも含まれるトリプトファンを効率的に摂取することで、セロトニンの生成を助けることができます。

憂鬱な梅雨を少しでも楽に過ごせるよう、日々の工夫で乗り切りたいですね。

マヌカハニーで快適な一日を!
 

「お肉料理にマヌカハニー」【MGOマヌカハニー通販専門】NZグローバル

こんにちは。

移民が多いNZでは、様々な国の料理を楽しむことができます。
先日ケリケリの友人宅へ行った時は、ランチでトルコ料理の「ケバブ」屋さんへ。

チキンやビーフ、NZらしくラム肉のグリルのほか、ベジタリアン用のソイミート(大豆ミート)でできたメニューもありました。
刻み野菜がたくさん食べられるので、ヘルシーで人気です。

2018621164127.jpg   201862116424.jpg


さて、今回は「お肉料理にマヌカハニー」というおはなしです。

買ってきたお肉が思いのほか固かった!ということ、ありませんか?
はちみつは、そんなお肉を柔らかくする力を持っているんですよ!
焼く前のお肉に薄~くマヌカハニーを塗って15分ほど置くだけでOK。

はちみつには、タンパク質分解酵素の「プロテアーゼ」が含まれています。
本来お肉は、焼くことでタンパク質が固まり、硬くなってしまいます。
事前にマヌカハニーを塗ることでプロテアーゼが繊維質を分解し、硬くなるのを防いでくれます。
同時に、食べたものを消化吸収しやすい形にまで分解してくれるので、消化の手助けにもなるんですよ。

ただし、塗りすぎると甘くなってしまいますので、量に気をつけてマヌカハニーのパワーを上手に利用してくださいね。

マヌカハニーで快適な一日を!
 

免疫について【MGOマヌカハニー通販専門】NZグローバル

こんにちは。

NZは秋から冬に向かっていて、肌寒い毎日です。
この時期は空気が澄んでいて空がとてもキレイなんです!
オークランドの中心部、シティのビル群の後ろにも、気持ちのいい青空が広がっていました。

201866101326.jpg   201866101346.jpg

さて、今回は「免疫について」のおはなしです。

病気と健康についての話に必ずと言っていいほど登場する「免疫」というワード。
外部から侵入したウイルスや、体内で発生したがんなどの異常細胞を異物とみなして攻撃するシステムのことで、おもに血液中に含まれる白血球がその役割を担っています。

体内の異物を見つけて初期攻撃する自然免疫の中でも、注目されているのが「NK(ナチュラルキラー)細胞」。
風邪のウイルスやがん細胞をピンポイントで攻撃する力を持つため、自身のNK細胞を増殖させて戻すことでがんを治療する療法などが開発され話題になっています。

そのNK細胞の活性を高める力を持つのが、発酵食品や乳酸菌を含む食品。
マヌカハニーやヨーグルト、納豆などの効果が報告されています。

他にもストレスをためずよく笑う、体を冷やさない…などを意識することでも免疫力を高めることができるそうですよ。

マヌカハニーで快適な一日を!
 

ページ上部へ