ホーム>ニュージーランド日記

ニュージーランド日記

「マヌカハニーのMGOレベル」について【MGOマヌカハニー通販専門】NZグローバル

こんにちは。

今回は「マヌカハニーのMGOレベル」についてのおはなしです。

マヌカの木は世界中にあるのに、MGOを含むはちみつはNZでしか採取できません。
また、NZのマヌカの木から採れるはちみつの中でも、MGOの量や色、味に大きな違いが出るのは不思議です。

植物は動物と違って自由に動くことができないので、その場所で生き抜くために成分を大きく変えることがあるそうです。
乾燥地帯ではあまり水分を必要としない性質に変わったり、虫の多い場所では虫が嫌がる成分を作り出したり…。
そんなふうに同じ学名の植物が劇的に成分を変えることを「ケモタイプ」と言うそうです。

NZの一定地区のマヌカだけがMGOを持っている、というのも、土壌や気温など生育環境によるものだと考えられています。

実は、マヌカハニー全収穫量のうち8割ほどはMGO100+に満たないものだそう。
温暖化の影響か、高活性のマヌカハニーは採取量が減少してきていると言われており、品薄や値段高騰が心配されているのが現状です。

そんな中、ご縁があってプレミアムグレードのマヌカハニーのお取り扱いをさせていただくことになりました!
収穫できる確率わずか0.02%未満のMGO1000+や0.7%未満の900+など、本当に貴重なマヌカハニー。もちろん成分分析試験書(MGO含有量証明書)付きです。

発売開始以来大好評をいただき、本当にありがとうございます。
さっそく、ご注文分の発送を順次開始致しました。
贈り物にもどうぞ。

201711715326.jpg                 

O含有量分析試験書を同封してお送りいたします。

プレミアムグレードならではの、とても濃厚で深い味わいをぜひお試しください。

マヌカハニーで快適な一日を!

 

「新商品取り扱い開始のおしらせ」【MGOマヌカハニー通販専門】NZグローバル

こんにちは。

弊社ではこのたび、プレミアムグレードのマヌカハニーを新規で取り扱うことになりました。

なんと、MGO1000+という高グレード。
NZ政府から正式に認定を受けて、EUはじめ世界中へ高品質のマヌカハニーを送り出している「Natural Honey」社の商品です。

201710311106.jpg 2017103111033.jpg MGO800+500g
MGO1000+500g MGO900+500g  MGO800+500g

ここで 「Natural Honey社」 について少しご紹介いたします。                                        
2006年、オークランドの北東にある小さな都市ギズボーン在住の養蜂家によって始められた会社で、そこには「マヌカハニーは単なるシロップの代替品ではなく、MGOによる抗菌・抗酸化作用のある素晴らしい食品であることを実証したい」という強い思いがありました。

人里離れたマヌカの木の原生林から収穫したマヌカハニーを政府公認の検査機関にて検査、基準を満たしたものを安全でクリーンにボトリングしています。
お手元に届いた商品のラベルにある「バッチナンバー」をNatural Honey社のホームページに入力すると、商品ステータスを確認することもできます。

1000+だけでなく、900+、800+、400+のお取り扱いもございます。
ぜひこの機会にお試しになりませんか?
詳しくはホームページ内 ナチュラル社 マヌカハニーのご紹介↓↓↓をご覧ください。
http://www.nzglobal.jp/shop/products/list.php?category_id=10

マヌカハニーで快適な一日を!

 

「免疫力とインフルエンザ」について【MGOマヌカハニー通販専門】NZグローバル

こんにちは。

先日お届けした「タワラヌイ自然公園」の第2弾です。

草原(牧場)地帯から森へ入ると、小さなシダや大きな木、見たことのない鳥たちがたくさん!

20171026133529.JPG 20171026133210.JPG 20171026133439.JPG


森を抜けるとルックポイントがあり、海岸線が見渡せます。入江に降りてきれいな水辺でひと休みすることもできますよ。
マイナスイオンを浴びて、充電できる場所です。

2017102613812.jpg 2017102613837.jpg 201710261397.jpg

さて、今回は「免疫力とインフルエンザ」についてのおはなしです。

今年は例年より早くインフルエンザが猛威をふるい始めているようです。
最近は季節を問わず発生していますが、やはり低温と乾燥の時期にウイルスが活発になってくるのは間違いなく、予防に気を使う季節がやってきました。

ウイルスが体内に入ってもすべての人が発症するわけではありませんし、発症しても軽い症状ですんだり重症化してしまったり、人それぞれです。
その要因はいろいろありますが、「免疫力」が大きく係わっていると考えられています。

人の身体は「抗体」を作って菌やウイルスを退治するのですが、免疫力が低下するとその力が衰えてしまいます。
ストレスや食事・睡眠環境、生活習慣などがその原因だと言われています。

免疫力に大きな影響を与えるのが腸内環境。
胃腸の除菌や修復に力を発揮するマヌカハニーで腸内環境を改善していくことで免疫力を高めることができます。
また、ふだんの生活の中で体を動かす、良質の睡眠がとれるようにする、食生活のバランスを考える、などを心がけることでも免疫力アップが期待できますよ。

マヌカハニーで快適な一日を!
 

「歯周病とマヌカハニー」について【MGOマヌカハニー通販専門】NZグローバル

こんにちは。

今日ご紹介するのは、オークランドから約1時間半の「Tawharanui(タワラヌイ)」です。
Open Sanctuaryと呼ばれるこの場所、野鳥や植物などが自然に生息できる環境が保たれているため、ふだんはめったに見られない鳥や植物にたくさん出会えます。

海と森と草原(牧場)とが同居するこの自然公園は、様々なトレッキングコースがあるんですよ。

2017101812015.jpg  

高台から見下ろす海。砂浜なので、夏はマリンスポーツやBBQをする人たちで賑わいます。

20171018115946.jpg  

牛たちがのんびりしている牧場の中の道を歩きます。

2017101811596.jpg 2017101812117.jpg

まだまだ森や入江など、変化に富んだ大自然の風景が楽しめました。次回アップさせていただきますね!


さて、今回は「歯周病とマヌカハニー」についてのおはなしです。

歯周病の原因菌がアルツハイマー病に関係している…という研究結果が、日本歯周病学会で発表されたそうです。
歯周病になると「酪酸」と呼ばれる悪性物質が発生するのですが、10年単位の長い年月をかけて脳に蓄積されていき、アルツハイマー病を進行させている可能性が高いと指摘されています。
怖いですね。

その予防としては、まず歯みがきでしっかり除菌すること。
また、酪酸は酸性なので抗酸化作用のある食物を採ること。
免疫力を高めること。等があげられます。
優れた除菌・抗菌能力を持ち、抗酸化物質『シリング酸メチル』を豊富に含んだマヌカハニーは予防に役立ちそうです!

マヌカハニーに、より強力な殺菌作用を含む「プロポリス」を配合した歯みがき粉もおすすめですよ。

マヌカハニーで快適な一日を!
 

「マヌカハニーの賞味期限」について【MGOマヌカハニー通販専門】NZグローバル

こんにちは。

NZは島国なので、固有の動物がたくさんいます。
飛べない鳥「キウィ」、群れを作らず森に住む「イエローアイドペンギン」など…。

植物も同じで、固有種がたくさんあります。
代表的なものは、特別な成分を持つ「マヌカ」や、国の象徴として目にする機会の多い「シダ」ではないでしょうか。
何百種類ものシダが自生しているNZですが、有名なのは、この「シルバーファーン」。

20171012112522.jpg   20171012112543.jpg

表は緑ですが裏が銀色に光ることから、マオリの戦闘の時、味方への目印として使われたそう。
「前進」をイメージさせることから、ラグビー代表チーム「オールブラックス」や、サッカー代表チームのエンブレムとしても使われています。


さて、今回は「マヌカハニーの賞味期限」についてのおはなしです。

ラベルには賞味期限の記載がありますが、それを過ぎたからといって食べてはいけない…というわけではないんです。
法律上、賞味期限の表記が必要で、充填後2~3年と設定しているメーカーが多いようです。
適切に保存された天然のはちみつであれば基本的に腐ることはなく、何百年も昔のはちみつがきれいに残っていてニュースになることもあるほどです。

なぜ腐らないのか、不思議ですよね。
細菌が生存するためには一定の水分が必要ですが、糖分の濃度が高くなると水分が吸収されるため、細菌が生きられないのだそうです。
そのうえマヌカハニーには強い殺菌力があるのでなおさら。

水あめなどが足された加工はちみつは水分を含むため、時間が経つとバクテリアが発生します。
天然はちみつでも、異物が入るとそれが原因となって腐ることがあります。パンくずを落としたり、一度なめたスプーンで再度すくう…などしないよう気をつけてくださいね。

マヌカハニーで快適な一日を!

 

「みつばちの世界」について【MGOマヌカハニー通販専門】NZグローバル

こんにちは。

10月に入り、南半球のNZはようやく春に向かっているところです。
オークランドはまだまだ寒い日も多く、ひょうが降る日もあります。

201710514028.jpg   201710514048.jpg

ハイキングコースで人気の国立保護区「タワラヌイリージョナルパーク」にはマヌカの花が咲き始めていましたよ!

201710514647.jpg   20171051477.jpg

あと2か月ほどでNZ中のマヌカの花が一斉に咲き、山が真っ白になるほどの景色がみられます。


さて、今回は「みつばちの世界」についてのおはなしです。

おいしいだけでなく、栄養剤にもお薬にもなるはちみつ。
それを作り出してくれる働きバチは、なんとみんなメスなんです!

一つの巣の中に、一匹の女王蜂から生まれた数万匹の子供たちが住んでいるのですが、オスは1割。残り9割のメスたちが働きバチとして食料を集め、掃除や子育てと忙しく働きます。
そんな働きバチの寿命は約1ヵ月。
一匹が一生で集めるはちみつの量は小さじ1杯なんだそうです。

ちなみに、働かずぶらぶらしているオス蜂ですが、花が散って食料が減り始める秋には巣の外に追い出されてしまうそうですよ。
残った蜂は寒い冬を固まって暖めあうことで乗り切り、春を待ちます。

NZの春はこれから12月くらいまで。
新鮮でおいしいマヌカハニーの収穫のため、蜂も養蜂家も一年で一番忙しい時期になります。

マヌカハニーで快適な一日を!
 

「耐性菌とマヌカハニー」について【MGOマヌカハニー通販専門】NZグローバル

こんにちは。

自然いっぱいのNZにはたくさんの渓谷があります。
そこでよく目にするのがバンジージャンプ!
南太平洋の島バヌアツ共和国の成人式をヒントにニュージーランド人が始めて、世界に広がったのだそうですよ!

オークランドの街なかにも少し変わったバンジーがあります。

201792718838.JPG   20179271899.JPG
201792718949.jpg   201792718109.jpg

  「逆バンジー」……。
地上から上空に向かって跳ね上がります。
椅子に座った状態で跳ぶので、上下だけでなく、くるくる回転もします。
と言っても、スタッフ一同誰もトライしたことはありません^_^;


さて、今回は「耐性菌とマヌカハニー」についてのおはなしです。

ちょっとした不調で薬にたよってしまう現代人。
そのため「耐性菌」の脅威が世界的に問題になっています。
抗生物質などの抗菌剤を繰り返し使用することで抵抗性の強い菌(耐性菌)ができあがり、薬が効かなくなってしまうことです。

また、抗生物質は体内のあらゆる菌に作用してしまうため、必要な菌まで殺菌します。例えば、お薬を飲むと腸内細菌のバランスがとれず下痢をおこしやすくなる…という弊害も出てきます。
そんな副作用の心配がなく、抗菌能力もひときわ優れているのがマヌカハニー。

抗生物質の多用は避けようという流れの中で、天然の成分によって効果が期待できるため、今後ますます注目と人気が高まりそうです。

マヌカハニーで快適な一日を!


 

「マヌカハニーミルク」について【MGOマヌカハニー通販専門】NZグローバル

こんにちは。

またまたロトルアの見どころをひとつご紹介します。

ロトルア湖のほとり「ガバメント・ガーデン」。
広い敷地には庭園があって、季節の花と芝生がとてもきれいです。

2017920135045.JPG   201792013513.JPG

その中でも目を引くのが「ロトルア博物館」。
マオリの歴史や文化を楽しく知ることができるこの建物、100年以上も前に温泉保養所として建てられたものなんですよ。
地熱活動のさかんなロトルアならではの施設です。


さて、今回は「マヌカハニーミルク」についてのおはなしです。

寝る前にホットミルク…というと寒い冬のことのようですが、時季を問わず安眠にとてもいいんです。

胃腸の温度を上げることで体温を下げようとする働きが起こり、眠りにつきやすくなると言われています。

安眠に効果があるホルモンのひとつ「メラトニン」。
メラトニンを作るには、牛乳やバナナに含まれる「トリプトファン」というアミノ酸が欠かせないのですが、マヌカハニーのブドウ糖がこのトリプトファンの吸収力をアップさせてくれます。

普通のはちみつは45℃くらいで栄養成分が飛んでしまうのですが、マヌカハニーの抗菌活性成分MGO(メチルグリオキサール)は高温でも成分が変わりません。
夏はぬるめ、冬は熱々のマヌカハニーミルクで良質な睡眠を手に入れてくださいね。

マヌカハニーで快適な一日を!
 

「マヌカハニーの抗酸化作用」について【MGOマヌカハニー通販専門】NZグローバル

こんにちは。

今回もロトルアの見どころをご紹介します。
「Agrodome(アグロドーム)」という観光牧場では、シープショーを見ることができます。

2017913145358.jpg   2017913145420.jpg

人間より羊の数が多いといわれるNZ。
いろいろな種類の羊が勢ぞろいして、じーっとお行儀よくしています。
種類によって毛の色・大きさ・角などがまったく違うのには驚きです。

2017913145446.jpg  

子羊にミルクをあげる体験中。

201791314557.jpg   2017913145525.jpg

ショーのメインともいえるのが「羊の毛刈り」。
係の男性がなんとも手際よく毛を刈っていき、羊くんはあっという間に丸裸に!
痩せて見えるというか、寒そうというか…。
NZらしいこのショーは、世界中から来た観光客が楽しんでいます。


さて、今回は「マヌカハニーの抗酸化作用」についてのおはなしです。

アンチエイジングの話題になると、キーワードとしてあがるのが「活性酸素」。
細胞を酸化させる物質のことです。

本来、酸化は悪いことでなく、体内の細菌を殺菌したり、酵素の働きを促進したりする力があり、健康維持には必要なものです。
お肌にやさしい洗剤が「弱酸性」だったりしますよね。

ただし、酸化の力が強すぎると、正常な細胞までやっつけようとしてしまうんです。
たとえば皮をむいたりんごが変色してしまったり、金属がサビてしまったり…という状態です。

人も、酸化すると細胞が老化して、お肌のトラブルや生活習慣病などが起きる可能性が高くなるのです。

マヌカハニーには、他のはちみつにあまり含まれていない抗酸化物質『シリング酸メチル』が豊富に含まれています。
細胞が過度に酸化することを防ぐ働きがあるため、アンチエイジングに最適なんですよ。

マヌカハニーで快適な一日を!
 

「マヌカハニーの偽物にご注意!」【MGOマヌカハニー通販専門】NZグローバル

こんにちは。

先日もご紹介した観光地「ロトルア」の街。
スカイライン・ロトルアというゴンドラが山頂まで運んでくれます。

201797152223.jpg 201797152555.jpg

街や湖が一望できてとてもきれい!

20179715231.jpg 201797152756.JPG

山頂には展望台やレストラン、おみやげ屋さんなど楽しいスポットがたくさんあります。

201797152329.jpg  

また、火山帯の真上にあるロトルアは地熱地帯として有名です。
間欠泉や泥のスパなどもあり、見どころたくさんです。

201797152356.JPG 201797152415.JPG

さて、今回は「マヌカハニーの偽物にご注意!」というおはなしです。

マヌカハニーの効用が世界的に注目されるようになり、たくさんの国のたくさんの場所で販売されるようになりました。

その流通量は10,000トン、と言われています。
対して、NZで生産されるマヌカハニーの量は年間およそ1,700トン。
かなりの量の『偽物』が出回っている可能性が指摘されています。

マヌカの木の生息地や環境などで、MGOの含有量は大きく変わります。
MGO値が低いものは、NZ国内でテーブルハニーとして安く販売されていますが、それを健康効果の大きいマヌカハニーとして高価で販売する業者がいるそうです。
ラベル表示と中身が一致しないものなども報告されています。

品質性(MGOやUMFなど)の表示がされていないものや、極端に安値なもの、生産過程を公表しないメーカーのものの中には、あまり健康効果が期待できない製品が混じっているかもしれません。

貴重で高価なマヌカハニー、しっかりと選んで本物の味と効果を実感してくださいね。

マヌカハニーで快適な一日を!
 

ページ上部へ